Edilingua


banner edilingua

Corsi d’arte a Firenze/Art Courses in Florence

Archivi

Febbraio: 2007
L M M G V S D
« Gen   Mar »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

「滞在許可証の申請方法の変更について」

就学用滞在許可証の申請がさらに簡単に(しかし、費用はさらに高く)なるようです。申請に際し以下のことが必要になります。政府公認の学校および大学で3ヶ月以上のコースを受講する場合、以前はクエストゥーラ(警察署)に出向く必要がありましたが、今後はイタリア到着後8日以内に当該の郵便局(郵便局のリストはCercaufficioで検索できます)で滞在証明交付のための提出書類のキット(EU圏外の外国人用は黄色のラインの入った封筒)を入手できるようになりました。キットにある滞在許可証の申請書類の所定欄を記入後、以下の書類とともに郵便局に提出してください。

-パスポートのすべてのページのコピー -入学許可証 -海外旅行傷害保険証のコピー -収入印紙14.62ユーロ分 -滞在許可証交付のための電信振込27.50ユーロ分の受領証控え (郵便局でキットとともに渡されます) -在日イタリア大使館より交付されたヴィザのコピー (パスポートのコピーとは別に)

郵便局で、申請状況を確認するのに必要となるユーザーIDとパスワードが記載された証書(mod.22A)を受け取ります。郵便手数料30ユーロは、郵便局で支払います。その後書留郵便が届いてから警察署内の移民局に出向き、証明写真4枚を提出して滞在許可証を受け取ってください。

この記事に関して、当校の生徒であるArisaさんに情報を提供していただきました。

traduzione dall’italiano di Chiho Masuda e Tomoko Minoguchi, studenti dell’AdG