logo adgblog

Iscriviti alla newsletter

Categorie

Archivi

Maggio: 2010
L M M G V S D
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

モナリザのミステリーと皮肉

モナリザは世界でとてもよく知られている女性です。モナリザはゲラルディーニ時代の人です。今まで彼女について少ししか知られていませんでした。フィレンツェ商人ジョコンドと結婚してジョコンダと名乗るようになったことです。彼女の人格はミステリーに包まれていて、本当に実在したかという内容のものがジョルジョバザーリの書に記されています。

だいぶ前に歴史上最も有名なモデルの墓が発見されたことが新聞とテレビで放送されました。実際、モナリザはジュゼッペ・パッラッティ教授の指摘によると、サントルサーレ修道院の中に埋葬されていた。

彼女の人生の大切な時期は私たちの学校の近くの所でで過ごした。彼女の最後の期間はサントルサーレでシスターとして過ごしました。

パッラッティ教授の長い研究の後、サンロレンツォの記録簿によって教会で死亡したことにたどり着いた。「この女性は1542年7月15日になくなったジョコンドの時代の人です。」

フィオレンティーニ博物館の館長のクリスティーナ・アチディーニは様々な研究をつなぎあわせストーリーを構築した。ダビィンチ博物館の 館長であるアレッサンドロ・ベッツォーシの理論もジョコンドの妻ではなく、この絵の注文主であるメディチ家ジュリアーノの恋人であるとし、このことはレオナルドの手紙からわかるでしょう。

パッランティの論文は注目すべきではあるが、まだモナリザの絵には謎とミステリーが残されている。

versione italiana qui

Work in progress at the studio

Self-portrait by Miquel Seguer Fernanndez

Still life drawing by Gail Noddle Nee Zatylny

Male nude drawing by Ken Hanai

Still Life drawing by Andrea Evangelou

Fresco by Ken Hanai (after a work by Franz Halz)

Oil portrait of a lady by Gail Noddle Nee Zatylny

———————————————————–

Drawing and […]

Il Vocabolario del Fiorentino Contemporaneo è on line!

Da qualche giorno è on line il Vocabolario del Fiorentino Contemporaneo, a cura dell’Accademia della Crusca e promosso fin dal 1994 dall’allora Presidente Giovanni Nencioni, che si propone di documentare tutta quell’area del repertorio in cui si verifica al giorno d’oggi una mancata, o parziale, sovrapposizione, fra “lessico fiorentino” e “lessico italiano”. […]

Ciao Edoardo!

Edoardo Sanguineti Genova, 9 novembre 1939 – Genova, 18 maggio 2010.

La ballata delle donne

Quando ci penso, che il tempo è passato, le vecchie madri che ci hanno portato, poi le ragazze, che furono amore, e poi le mogli e le figlie e le nuore, femmina penso, se penso una gioia: pensarci il maschio, […]

Ricostruisci l’intervista impossibile a Leonardo DiCaprio

intervista a dicaprio

Presentiamo qui un’impossibile intervista al famoso attore italoamericano Leonardo DiCaprio. Questo esercizio è ideale per rinforzare il periodo ipotetico del secondo (possibilità) e terzo tipo (irrealtà).

Esercizio. Associate ad ogni domanda la risposta giusta:

Giornalista: Signor DiCaprio, il Suo ultimo film, “Tipanic”, è stato un fiasco colossale. Se potesse tornare indietro, lo rifarebbe?

1:___

[…]

Passati remoti terribili!

Alcuni passati remoti sono proprio difficili da ricordare. Eccone solo alcuni per darvi un’idea. Guardate il verbo all’infinito e poi scegliete tra le 3 soluzioni (della prima persona singolare) che vi proponiamo quella giusta:

1. spendere a)spensi b)spesi c)spessi

2. comporre a)composi b)conponsi c)componni

3. valere a)valetti b)valei c)valsi

4. chiedere a)chiesi b)chiesti c)chiensi

5. […]

Italiano con le canzoni: “Malamorenò” di Arisa

Prima di ascoltare la canzone Malamorenò di Arisa, inserite le parole corrispondenti alle immagini. Attenzione: devi utilizzare più volte alcune immagini per completare il testo della canzone.

 

________________________________________________________________

________________________________________________________________

________________________________________________________________

Può scoppiare in un attimo il __________ Tutto quanto potrebbe finire Ma l’amore, ma l’amore no […]

Cours de dessin et peinture à Florence

A l’Académie del Giglio les inscriptions pour les cours de beaux-arts pour cet automne sont ouvertes.

Le cours de beaux-arts complet, reparti en 9 unités, aborde l’apprentissage des techniques de dessin et de peinture et vise aussi à développer les aptitudes artistiques de chaque élève. Les élèves peuvent toutefois choisir de fréquenter seulement une unité […]

どうしていいのかわからない旅行者のために

世界のあらゆる人がフィレンツェ空港についたときのガイドです。空港に到着しスーツケースを受け取ったら目的地を選びます。タクシーかバスで自分の住むホテルかアパートへ向かいます。タクシー乗り場は空港の近くにあり、中心街へは15から20ユーロかかります。タクシー乗り場と同じ所でバスに乗ることもできます。そのバスはアタッフ社のもので5ユーロで乗ることができます。またこのバスは中心街でも乗ることができます。

サンタマリアノベッラ駅からフィレンツェのほとんどのエリアをカバーしています。チケットは乗ってから70分の制限があり、1枚120ユーロです。また定期券などで節約することも可能です。車での移動は快適ですがフィレンツェで有料駐車場を見つけることは難しいかもしれません。

フィレンツェはとても暮らしやすく経済的です。歩いていけるところに市場やスーパー、大型デパートがあります。組織ごとに価格競争をしているので価格も安くなっています。またコープとエッセルンガをお勧めできます。

外食ではレストランとピッツェリアが安くすみます。食料品店では昔ながらのパニーニや軽い食事を少しのコストで持ち帰ることができます。中心街のピッツェリアではピザ一かけらで3.5から4ユーロします。そこではフィレンツェ名物のトリッパも売られています。最近の流行りではバルで飲みながら、7から9ユーロでさまざまなものを食べることです。

お腹が満たされたら文化に触れましょう。教会や美術館など見かけは高いかもしれませんが、お金を節約することができます。例えば、26歳以下の人はアミチデリウフィッツィを60ユーロのところを40ユーロで購入でき、すべての美術館に無料で入ることができます。景色を楽しみたいときは観光バスが良いでしょう。メディチ家別荘やその他の小さな町を楽しむことができます。中心街の歴史については、少しのコストでいたるところに見ることができます。

フィレンツェは旅行者にとってそんなにコストはかかりません。

versione italiana qui

L’italiano con i film: I cento passi

Un film che abbiamo utilizzato spesso nelle nostre classi di livello B2 o C1 come unità didattica è I cento passi (2000, 114 minuti) di Marco Tullio Giordana. Questo film che affronta il tema della mafia si presta bene al rinforzo di alcune strutture grammaticali, nonché alla produzione scritta e orale. L’unità didattica si […]